ビデオ・オン・デマンドに詳しいサイト!

Tsuchi Blog

その他

【困る】機械製図の読み方が分からない

転職するために職業訓練校に通ってるんだけど、製図の読み・書きどころか、読むこともできないな。

営業の仕事から機械加工、組立の分野に転職しようと思ったけど、僕には向いてないのかな?

・・・思っている方いませんか?

 

実は私は、他の分野から製造業に身をおきましてもう10年ですが、一番初めにつまづいたのが、まさに「製図の読み方」でした。

講師の先生の言ってる事がわからず、相当焦りましたね。

今では、相当専門的な分野以外なら、読むこともできるし、書くこともできます。

では私が6カ月という限られた職業訓練の期間で製図を覚えるこつをお教えします。

機械製図の読み方が分からず困ってる方へ

 

勉強するに当たって自分にあった参考書を1冊だけみつける

焦って何冊も一度に購入しない

私自身が「製図の読み書き」を覚えていかなきゃいけないとかなり焦っていました。

参考書を4冊も5冊も本を買って勉強してました。今、買った全部の本を読み返すと、まあどれも同じ事かいてありますよね。

但し、まったくわからない人が一から読むものじゃないなっていうのが何冊かあります。

その中で、わからなくて何か調べる時は「この本におちついたなあ」っていう本は1冊でした。

 

いい参考書とは

・独自性がなく汎用性があること

・漏れなく、ダブりなく網羅されていたこと

・初心者でも読みやすく、わかりやすかったことです。

 

どんな分野でも自分が勉強する時に、焦ってアマゾンとかでポチポチクリックして、参考書をいっぱい買ってしまいますよね。でも、最終的には

・その参考書を全部つかわなかった

・使うのは1冊だけになった

・他は読まなくなった

 

ってなると思います。初心者向けの本ってごまんとあるので、”その一冊”に出会うのが本当に大変なんですね。

 

っとまあ、ここまで読んでくれたかたは、早くその本教えろよ。って思ってる筈なので紹介します。

お勧め参考書の紹介

初心者のための機械製図


↑これです。とにかくわかりやすいし、覚えなきゃいけない事は全部載ってるしわからないときは常にこれ見てました。

今から製図の勉強する人にお勧めですね。

 

1冊の本しか使ってほしくない理由は、これはなんでもそうなんだと思うんですけど、だいたい使ってるうちに何処に何が書いてあるかわかってくるんですね。

だからテスト勉強ではないので、わからない時に「確かこの辺に載ってな」って覚えておけばそれでいいと思います。

 

音楽も1曲だけリピートしてずっと聞いてれば覚えようとしなくても自然におぼえちゃいますもんね。

 

一日5ページうやれば20日で100ページ

後は、できれば、100ページあったら1日、5ページを勉強するみたいな勉強をしてほしいです。

そうすれば20日で1冊の本を目を通す事ができます。

これ何冊も手元においてあると絶対にやらなくなるので、やはり一冊ですね。

 

まとめ

成果は集中させることで、発揮できる力が何倍にもなると科学的に証明されています。

あと、「1本の矢は折れるけど3本ならおれない」とかことわざもあります。

おそらく製図以外にも職業訓練校なら、覚えなきゃいけないことがたくさんあります。

先ず図面がよめないのは致命的すぎるので他のものよりも、先程、私が紹介したの本なり、自分で選んだ本なりを1冊に努力を集中させてみてください。

 

 

 

 

-その他

Copyright© Tsuchi Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.