ビデオ・オン・デマンドに詳しいサイト!

Tsuchi Blog

健康

【検証結果】電動歯ブラシは普通の歯磨きよりもコスパ悪い!?

電動歯ブラシと普通の歯磨き

電動歯ブラシ(音波、超音波含む)の効果ってどれ位なんだろう。電気屋にいくと二~三万位するものがおいてあるし、普通の歯磨きよりも汚れがとれるんだろうな。

と疑問に思ったことある方いらっしゃると思います。そこで、「使用感」、「専門家の知見」から電波歯ブラシの効果を記事にまとめてみようと思います。

電動歯ブラシとは

・振動歯ブラシ

振動歯ブラシは電力でヘッド部分を単純振動させることで、歯垢を除去する一番、安価なモデル

・音波歯ブラシ

音波式は振動歯ブラシよりもさらに振動数が多く、水流を使う事で歯と歯茎の歯垢をとりやすくする。又、細かい振動によって歯に与えるダメージを抑えて、やさしく磨くことが可能。

・超音波歯ブラシ

超音波式は、虫歯が好む「バイオフィルム」の除去効果がある細かい振動を発生させるので、虫歯対策に効果的。しかし振動が細かすぎて歯垢の除去には向かない

・回転歯ブラシ

回転ブラシは、円状のヘッドが回転することで、歯垢をしっかりと磨き落としてくれます。振動式とことなりブラシが左右にグルグルと動くので、磨いている感覚が強く実感できることが特徴

 

 

以上四つが、電動歯ブラシといわれているものです。

電動歯ブラシと普通の歯磨きはどちらが効果あるのか

このことについては、下記の論文をご覧ください。

 

患者が超音波歯ブラシを購入し、歯科衛生士などから口腔清掃指導を受けることなく独自に使用することを想定し、超音波歯ブラシに添付された説明書を一読しただけで、どの程度のプラーク除去効果が得られるかを手用歯ブラシのプラーク除去効果と比較検討した。

 

被験者は日本大学歯学部付属歯科病院の事務職員, 男性10名, 女性20名で, 過去に口腔清掃指導を受けたことがない者とした。

 

研究開始より1週目は手用歯ブラシを, 2週目は超音波歯ブラシを使用した。

 

両歯ブラシを使用した際のO'Learyらのプラークコントロールレコード(PCR)は, 手用歯ブラシ(47.2±10.9%)と超音波歯ブラシ(45.0±13.5%)との間で統計学的有意差は認められなかった。

 

部位別のPCRも両歯ブラシ間に有意差は認められなかった。

 

超音波歯ブラシにおいてPCRの低い人は, 手用歯ブラシにおいてもPCRは低く, 超音波歯ブラシにおいてPCRの高い人は手用歯ブラシでもPCRが高いという結果が得られ, 手用歯ブラシと超音波歯ブラシのPCRに統計学的に有意な相関関係が認められた。

 

本結果から, 手用歯ブラシから超音波歯ブラシに変更する際に説明書を一読しただけでは, 有意な口腔清掃効果の改善はみられず, 「口腔清掃用具の選択よりもブラッシング手技の向上が, 口腔清掃の改善に重要である」ことが示唆された。

引用:日本歯周病学会会誌(日歯周誌)53(3) : 191-196, 2011 より

この論文を見る限り、電動歯ブラシか音波歯ブラシ、どちらが口腔清掃効果で優れているかよりも、ブラッシングの技術が高いか低いかで口腔清掃効果の効き度合いがきまるという結果になっているようです。

 

実際に使用してみた感想

私自身が実際に使用してみました。使用してみたモデルはこちらです。フィリップスの1万5000円位する音波歯ブラシです。

・奥歯の裏側まで磨ける

・歯と歯の間までは、完全に歯垢をとりきれない。

・歯の付け根と歯茎の歯周病ポケットになりえる場所にも磨き残しができる

・普通の歯ブラシよりも歯がツルツルする感じがある。(時間をかけて丁寧に使用したら磨き残しは少なくなった)

・歯茎がマッサージされて気持ちいい。

■まとめ

口腔清掃効果は、なによりもブラッシングの技術丁寧に時間をかけて磨くことで歯垢はとれてきます。電動か手動かは、各人の好みに分かれてくるという結果になりました。いずれにしても、

・歯間ブラシ

・歯垢をつきにくくするうがい薬

・歯医者へ定期的なメンテナンス

この三点と複合して、メンテナンスをおこなっていくことで、いつまでも自分の歯で食事できるように維持できていくということです。(下記記事は参考までにご覧ください)

【歯槽膿漏、歯周病】40代歯茎の治療と予防

-健康

Copyright© Tsuchi Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.