ビデオ・オン・デマンドに詳しいサイト!

Tsuchi Blog

お得な情報

【体験談】心療内科の高い料金が安くなる方法

最近、なんかうつうつして気持ちが

ふさぎ込みがちなんだ。

 

会社も休む日が多くなってきたから、

勇気を出して診療内科に行ってみよう

と思うんだけど、心療内科って

料金とか高くないのかな?

567

 

通院費がかかるとストレスで

症状が悪化しないか心配だなぁ

 

・・と思っている方、結構いますよね。

 

自分も心療内科で治療中で、

あることをして医療費が安くなりました。

その内容をお伝えできればと思います。

 

結論からお伝えしますと、医療費負担が

3割から1割になります。(お薬代も含めて)

但し、そのためには役所で手続きが必要です。

 

順をおって説明していきます。

心療内科の高い料金が安くなる方法

 

自立支援医療制度とは

自立支援医療制度という国にさだめられた制度を活用します。精神的な疾患があり、

継続して精神医療を必要とする方に対し、通院医療にかかる医療費の自己負担を軽減する制度です。

 

制度を利用することで、自己負担額は通常の3割負担から、1割負担になります。

また同じ保険に加入しているご家族の所得等に応じて、月額の自己負担額上限が定められます。

申請の手順(静岡県藤枝市の場合)

 

受診時に自立支援医療制度についてご相談ください。

※適用できる場合は診断書(自費で5000円位)を作成いたします。

必要書類等を持ち、申請窓口(※1)に行きます。

※1.お住まいの地域によって申請する場所が異なります。お近くの

 保険福祉センターなどに聞いていただくことをお勧めします。

<必要書類>

・自立支援医療用診断書

・保険証、もしくはその写し(※2)

・印鑑

・マイナンバーがわかるもの

※2:保険証の写しは、国民健康保険証の場合は加入者全員分が必要です。

健康保険証(社会保険など)の場合は本人の分が必要です。

ただ受診者が18歳未満の場合は、保護者の写しも必要です。

申請窓口にて、「申請書」を記入し、上記書類と一緒に窓口に提出します。

窓口にて「課税証明書」の説明がありますので、職員の指示に従ってください。

提出を求められるのですが、同じ建物内で発行できます。

窓口にて、申請書の控えに受付印を押印して返却してくれます。

次回診察の際に、控えを病院の受付に提示してください。

申請からおよそ1ヶ月ほどで受給者証が郵送される。

届きましたら、その次の診察から、毎回病院の受付に提出してください。

注意事項:

・受給者証は届くまで時間がかかります。その間は自立支援医療の申請書の控えを

受給者証の代わりとして、「自己負担上限額管理票」とセットで提示することで

制度が適用される場合があります。ただし全国すべての指定医療機関でこの方法が

通じるわけではないため、医療機関・薬局にあらかじめ問い合わせておいたほうがよいです。

 

・医療費の払い戻しについて

申請書の控えで受給者証の代用ができない場合は、制度が適用されず医療費は3割負担となります。

この場合は受給者証が届いた後に届くまでの期間で余分に負担した医療費の払い戻しを受けられます。

払い戻しの手続きは医療機関または役所で行います。このとき次の書類が必要になります。

 <必要書類>

・受給者証

・自己負担上限額管理票

・3割負担で医療費を支払ったときの領収書の原本

・自立支援医療の有効期間は1年間です。更新の手続きは毎年必要です。診断書は原則、2年に1回の提出となります。

・更新の手続きは有効期間が終わる3ヶ月前から行うことができます。期間を過ぎてしまうと、再度診断書が必要となりますのでご注意ください。
                

■まとめ

自立支援医療は申請など、病気を患っている方には大変な作業になると思いますが、
精神疾患の治療におけるお金についての負担を軽くするという意味ではとてもありがたい制度です。
通院が必要なケースの多い精神疾患の治療の場合、少しでも不安を減らして治療に専念することが重要です。
お金の心配は心に負担をかけてしまうこともあります。
そういった経済面の負担や不安を和らげる方法として自立支援医療は役にたちます。
医療機関によっては「毎回受給者証と自己負担上限額管理票を見せてください」
といったように、実際利用する上での注意点などを教えてくれる場合もあります。
また更新が近づいた場合もその旨を病院が教えてくれる場合もあります。
自立支援医療そのものは公的な制度ですが、病院への相談や連携を
しっかりしておくと更に円滑に制度を活用できます。
 
参考文献
厚生労働省「自立支援医療」
厚生労働省「自立支援医療(精神通院医療)について」

 

 

 

-お得な情報

Copyright© Tsuchi Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.