ビデオ・オン・デマンドに詳しいサイト!

Tsuchi Blog

【主流】レーシックからICLへ

最近、コンタクトや眼鏡が合わなくてレーシックをやるか検討中なんだけど安いところだと安全面が心配になるし、誰か詳しい人がいたらいいクリニックのプランを教えてくれないかな・・・・

と思っている方いませんか?

 

ではこの記事の解説をしていきます。

記事の信憑性として、私は2006年の13年前にレーシックを受けてます。

その際に価格と安全面を考慮しつつ、色々と調べた経験があります。

■レーシックの価格比較

クリニック別にスタンダードプランの比較

下記表は2019年度のお勧めクリニックの上位3社です。対象としたのは、イントラレーシックという一番オーソドックスなプランです。

・・というかなんか圧倒的に品川近視クリニックが安いですね・・・・ここがレーシックをしたい人が悩むところなんですよね。

安くて安全ならそれにこしたことはないが、値段が安すぎても安全面でだいじょうぶ?なのかと。

品川近視クリニックは業界シェア率70%を誇る最大手だそうですが。

注目すべきは品川近視クリニックの"症例の数”と”顧客満足度”の値ですが、この価格で127万件の症例があり、98%のお客様が満足しています。

主流はレーシックからICLへ

上記のデータから、いろいろとリサーチしてみました。見えてきたのが世の中のレーシック離れです。

2008年に約45万件だったレーシックの手術件数は、2014年には手術件数が約5万件へと激減しています。

理由としては、2008年7月から2009年1月の間に、東京都中央区にあった「銀座眼科」で手術を受けた患者の多数に角膜感染被害が発生したことが引き金になっているみたいですね。

そこでレーシックに変わる次世代の近視治療法がICLという技術です。ICLがどんな技術か気になりますよね。

レーシックとは異なり角膜を傷つけずに施術をおこなう、より安全性の高い技術といったところでしょうか。

同時に気になるのは価格ですよね。下記の表は、クリニック別施術料金表です。

ICLは、どこのクリニックも価格が高いなーって思いません?つまりICLのように金額高くてもいいから安全性を手に入れたいというニーズがあるんですね。

私はすでにレーシックを施術済みでありますが、確かに今やるならICLのように安全で近視をなおせるプランを選びます。怖いですもんやっぱり。

 

 

■まとめ

・レーシックの価格が一番安いのは、品川近視クリニック

・レーシックは過去に価格競争のおかげで衛生面にお金をかけれない会社のおかげで、何人もの人が病気になった。

・レーシックに変わる施術として、ICLなる技術が世の中に浸透しはじめた。

 

価格は高いがそれでも安全に対するニーズと近視をなおしたいニーズが高い証である。とはいえ、やはり経済的なところでそこは各々違ってくるわけで。

そこを選択するのはどうしても当人なんです。後悔のない選択をしてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-

Copyright© Tsuchi Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.