ビデオ・オン・デマンドに詳しいサイト!

Tsuchi Blog

書籍

【まとめ】20歳の自分に受けさせたい文章講義/古賀史健

はじめに「話せるのに書けない!」のは何故か?

・話し言葉を書き言葉に変換すること

・「言葉としてかたられなかったことを」を言葉に変換する

・文章の書き方・組み立て方を体系的に教わっていない

・書く事とは考える事である

・書く技術が身に付けば、ものの見方が変わる。物事の考え方が変わる。世界を見る目も変わる

ガイダンス その気持ちを翻訳しよう

・文章を書こうとすると固まってしまう

・自分の気持ちを上手く文章にできない

・答えは書こうとするから書けない

・書くことをやめて翻訳する

・頭の中のぐるぐるを伝わる言葉に翻訳したものが文章

・誰かに何かを伝えたい、つながりたいと思うからこそ翻訳をするのだし、しなければいけないのだ

・あらゆることを自分の頭で整理・再構築し、アウトプットしていかなければならない

・人は解を得るために書くのだし、解がわからないから書くのだ

・聞いた話を自分の言葉で誰かに話す。これは翻訳の一部だ

①再構築・・言葉にするプロセスで話の内容を再構築する

・誰かに「自分の言葉で」話すことによって、バラバラに散らばった内容を再構築し、理解を深めていく

➁再発見・・語り手の真意を「こういうことだったのか!」と再発見する

・自分の言葉に翻訳する過程で「ああなるほど、あの人の言っていることはこういうことだったんだ」と突然理解できる瞬間がある

③再認識・・自分がどこに反応し、なにを面白いと思ったのか再認識する

・我々は翻訳するとき、自分が対象のどこにピントを合わせているのか知ることになる

 

「地図、絵、写真」を再構築してみる。

・自分の意見をいっさいいれないこと

・より詳しく説明しようと安易なレトリック(美辞麗句のようなもの)に走るほど、正確な描写から離れていってしまう

 

・業種や職種に関係なく生涯にわたって身を助けてくれる武器、それが文章力なのだ

・文章を学ぶことは将来にたいする最大限の投資

第一講

・文体とはリズムである

①文章の語尾に注目して「です・ます調」と「だ・である調」を使いわけること

➁「私」「僕」「筆者」といった主語を使い分けること

「リズムの悪い文章は何故よみにくいのか]

文がおかしいのではなく、文と文の「つなげ方」や「展開の仕方」がおかしい時、その主張は支離滅裂になり、リズムよく読めなくなるのだ

・文章のリズムは「論理展開」によってきまる

・言葉だけをとりだしてみた場合、われわれの会話は驚くほどデタラメなのだ

・話す言葉をそのまま文字にしたところで、声や表情などで伝えていた情報は必ず抜け落ちる。その抜け落ちた部分を補強しないことには、伝わる文章にはならないのだ。

・老若男女にかかわらず、誰もがなんらかの「絵文字的な記号」に頼ってコミュニケーションをとっているのだ

・論理破綻にきづくためのキーワードは「接続詞」だと、ぼくは思っている。

・みんなもっと接続詞をつかうべきだ

・そこに接続詞が入るかチェックせよ

・美しい文章などめざすべきではない

・一方、正しさを意識することは、客観的な目線を意識することに繋がる

・文章に正解ないがあからさまな不正解は存在する

・「伝える」とき大切なのは自分の意見が完全な主観であり、感情だということだ

・われわれは感情を伝えたいからこそ、論理を使うのだ。主観を語るからこそ客観を保つのだ。

文章の「視覚的リズムとは」

・「読者は文章を眼で読んでいる」だとすれば書き手の側も聴覚的なリズムを気にする前に、「視覚的リズム」を考えなければならない

・文字や句読点が並んだ時の、見た目のよさだ

①句読点の打ち方

・句読点は「1行の間に必ずひとつはいれる」

・文字と文字の間に物理的なスペースをつくり、見た目の圧迫感がなくなり、ひと呼吸おかせてくれる

・読点がどこにあるかによって印象は大きくかわる

 

➁改行のタイミング

・改行のタイミングは早くていい

・われわれは文章に向かい会うときに「読む」より先に「見る」のだ

・だから、書き手は内容だけでなく「見た目」にも気をくばらなくてはいけない。

・改行は「行間=横」の圧迫感を解消するのに有効だ。

・改行は伝えたいメッセージを強調する、という役割もある

③漢字とひらがなのバランス

・漢字とひらがなのバランスを考える

・漢字を多用した文章は」第一印象が悪い

・文章において引き立てるべきは、明らかに漢字だ

・漢字そのものが太字で書かれたキーワードのような役割を果たしている

まとめ 視覚的なリズムを損なうもの、それは圧迫感である

 

音読して何をチェックするのか。

・文章術を語る上で、音読とは一種の禁断の果実だ。なぜなら文章におけるあらゆるアドバイスが「音読すればOK」になる

・他人の文章「を自分のリズム」で読むから、歩調が合わず、いい淀んでしまう。

①読点の位置を確認する

・こう書いたんだから当然こう読むにちがいない 読者がどこでどう読み違えるかなど想像もつかない。音読はそんな自分に客観性を持たせる助けになる

・音読には頭の中で「こう読むだろう」というリズムと、耳から入ってくる音のリズムに大きなギャップを感じる

・文章のリズムを確認するツールとして、音読を使う

➁言葉の重複を確認する。

・同じ言葉が何度も重なると、文章のリズムは途端に悪くなる

・まずは書いてみて、書き終えたところで音読をする

 

文章にリズムを持たせるには、もう一つシンプルな方法がある。

・断定だ。言い切ってしまうことだ。

・断定の言葉はその切れ味の鋭さゆえのリスクが伴う

・断定の言葉は、作用・反作用の法則で、強烈な反発を食らう可能性が高い

・断定する箇所の前後を、しっかりした論理で固める

・断定を使用した文章ではいつも以上に論理の正確性が求められる。特に断定した箇所の前後2~3行には細心の注意を払おう

・自身があるから断定するのではなく、自信を持つために断定するというアプローチを考えてもいいのだろうか。

第二講

文章の面白さは「構成」からうまれる。

・文章を論理的にとらえ、「どう展開させるか?」と考えること。それはすなわち文章の構成を考えることに他ならない

・文体の妙、文章の個性、あるいは文章の面白さ。これらを決めているのは、ひとえに構成である。論理展開である。

起承転結は悪なのか?

・起承転結の言葉としての存在価値を大いに再評価するべきだと思っている。

文章のカメラワークを考える

・そもそもビジネスには”転”という言葉は必要ない、ストーリー仕立ての流れにおいてこそ、評価を発揮するのである。

おすすめは映画やテレビドラマなどの映像表現を参考にするという手法だ。

①導入・・客観のカメラ 客観的な状況説明

➁本編・・主観のカメラ それに対する自分の意見

③結末・・客観のカメラ 再び客観的な視点に立って輪をまとめていく。展開された自分の意見を風景の一部=動かしがたい真実として書くわけである。

・文章を書く人間ももっと”カメラ=眼”の存在を意識すべきだと思っている

・カメラを意識すると文章と文章のあるべき順序も理解しやすくなる

・文章の説得力も増してくる

・文章全体にメリハリついて、リズムもよくなってくる。

導入は映画の予告編のつもりで

・日常文に起承転結を気にする必要はないが、導入部分の書き方は大切な要素だ。

・一般的な日常文には、読者はいつも「読まない」という最強カードを手にして文章と対峙している

・文章の導入は、映画の予告編とまったく同じだと考えるべきである。いかにして読者の期待を煽り、本編まで読み進めてもらうか。

予告編の3パターン

①インパクト優先型

・あえて冒頭に読者が「おっ」と興味を引くような結論を持ってきて、そこからカメラをロングショットに切り替えるのだ。

➁寸止め型

・ホラー映画の予告編でよく使われる”見せない”という手法も観客の期待を煽るのに最高だ

③Q&A型

・最後に、もっとオーソドックスなのが、「Q&A」型の導入である

・導入だけで問いと答えが揃っている。面白味は少ないが一番手堅い導入と呼べる

論理展開のマトリョーシカ人形

・自らの主張がたしかな理由によって裏打ちされた時、その文章は「論理的」だと言える。

①大マトリョーシカ 主張・・その文章通じて訴えたい主張

➁中マトリョーシカ 理由・・主張を訴える理由

③小マトリョーシカ 事実・・理由を補強する客観的事実

全ての文章には主張が必要だ

・文章を読むとき、読者は必ず「この人はなにが言いたいのだろう?」と考えながら読んでいる

・文書を書く時に我々は「結局何がいいたいんだ?」という問いに”一言”で答えられなくてはならない。”主張”とはそういう事だ。

・文章を書くことは、他社を動かんとする力の行使なのである

 

面倒臭い細部を描く

・文章は”面倒くさい細部”を描いてこそ、リアリティーを獲得する。そして面倒くさい細部の描写によって得られたリアリティーは読者の理解を促し、文章の説得力を強化するのだ。

 

構成の”絵コンテ”をつくる

・文章の構成を考える時、ただ頭の中で素材をこねくりまわしても絶対に上手くまとまらない。

・構成とは目で考えるものであるから

・頭の中のぐるぐるは可視化することでようやく客観視できるのである。

 

文字量を”眼”で考える

・序論:2本論:6結論:2の割合が無難

 

あなたにも読者はいる

・アマチュアだろうとプロだろうと、メールだろうと小説だろうと、あらゆる文章の先にはそれを読む”読者”がいるのだ。

・必要なのは隣にたつことではなく読者と同じ椅子に座る事である。

 

「10年前の自分に語りかける」

・有益な情報とは、もしこれを10年前に知っていたらと想像して書く

・「あの時の自分」の椅子に座ることは、昔を懐かしむものでも、独りよがりになることでもない。今をいきている「見知らぬ誰か」の椅子に座る、一番の方法

 

たったひとりの”あの人”に向けて書く

対象読者が絞り切れないので「多数派」に向けて書こうとする。見やすそうでいて、もっとも顔が見にくいのが「多数派」なのである

対象読者が20代の社会人だとしたら「その中に特定のひとり」を探し出す。極端にイメージを決め込むと言葉のベクトルがはっきりするため、「その他の人々」にも届きやすくなるのだ

 

わかるやつにわかればいいのウソ

・少数派の読者に向けて、そのサークルでしか通じない言葉をふんだんに盛り込んで書けばたしかにおもしろい文章になる。こうした専門性に溺れていくと文章はどんどん甘くなる。「これは説明しくても大丈夫だろう」と読者の予備知識に甘えてしまう。

・あらゆる人に開かれた”平易な文章””ほど難しいものはない

 

生理的に嫌いな文章」に注目する

・文章力の上達法として、「手当たり次第に本を読め」だ。だが思いっきり好き嫌いにとらわれることが大切。何故なら好き嫌いをはっきりすることで”書き手”としての自分”が見えてくるからだ。

 

読者は「どんな姿勢で」読んでいるか

・「集中して書いたもの」がそのまま「集中して読んでもらえる」と思っているならそれはおおきな間違いだ

 

説得せずに納得させる

・「自分のことをわかってほしい」と願うこと、それは他者の心の変容を求めていることにほかならない。

・読者を説得させるのではなく納得させるという手法だ

①説得・・押しのアプローチ(読者を押し切る)

➁納得・・引きのアプローチ(読者に歩みよってもらう

 

人は他人毎では動かない

・基本的にわれわれは他人毎には興味がないのだ

 

仮説&検証で読者をプレーヤーにする

・文中の早い段階で、独自の仮説を提示する。一般論とは相反するような仮説だ。そして読者に「あなたはこの仮説をどう思うか?と問いかけ、読者と一緒になってその仮説が正しいかどうかの検証作業にあたる

 

読者を巻き込む「起”転”承結」

・”転”はほんの少し配置転換してあげるだけで日常文でも大きな効果を発揮するのだ。

・冒頭の”起”に「自らの主張と真逆の一般論」を持ってくる必要がある

 

読者と一緒に寄り道をしよう

・あらゆる文章において読者とは素人なのである

・あなたの主張を正確な形で知っているのはあなただけであり、すべての読者は「それを知らない素人」である」

・主張、理由、事実の3つのみに構築された文章が面白味に欠けるのも事実だ。

つけいる隙がないほど正しいは、読者からすると、論の正しさは認めながらもどこか強引に説得された気がして釈然としない思いが残ってしまう。

なぜなら文章が自己完結してしまって読者自信が議論テーブルに参加できないからだ。

「正しいだけ」の文章は、その正しさゆえに伝わらないのである。

読者と一緒に文章の中でもう一度「ムダな回り道」を歩くのだ。

 

自分の文章に自分で突っ込みを入れる

・しっかりとした主張には反論がでるのは当然だし、反論に答えることは読者との有意義な対話なのだ

・文中に突っ込みが入り、そこに答えていくだけで読者の疑念は晴れていく

①主張

➁反論

③再反論

④結論

もうすこし、本格的な構成だと

①主張

➁理由

③反論

④再反論

➄事実

⑥結論

・場合によってはあらかじめ反論を封じるような予防線を張っておくことも必要

 

おおきな嘘は許されるが、小さな嘘はゆるされない

・物事の描写は細部になればなるほど気が抜けない

・細部をどれだけ大事にできるかは、文章を書く上で最重要ポイントのひとつ

 

「わかったこと」だけを書く

・自らが語ろうとする対象についてまだまだ理解が浅いから”小さな嘘”が出てしまうのだ

・読者にゴール地点を見せるのが目的ではなく、「ゴールまでの道のり」をしめすことが文章の役割だ

 

目からウロコを何枚おとすか。

「目からウロコが落ちる」要素は全体の3割で十分。」

 

何故「あなたにも読者がいるのか」

「自分の好きなものの原稿は意外なほど書きづらいのだ」

第4講

原稿にハサミをいれる。

・ハサミを使った原稿こそが、推敲こそが推敲の基本

・編集には2パターンあり、書き終えた後の編集と、書き始める前の編集だ。

 

「なにを書くか?」ではなく「何を書かないか?」

・最終的に「自分にとって大切なものは何か?」「自分はどういう人間で。どんな価値観を持っていきてきたのか」を考えることにつながっていくからだ。

・野菜ジュースとオレンジジュースではオレンジジュースのほうが書きやすい。

・まずは頭の中のぐるぐるを紙にかきだす。

・強引に可視化する

・そして頭の中身を可視化するには、紙に書きだすのが一番である。

・自分を疑う力

・自分に何重にも疑いの網をかけていく事でようやく書くべきことがみえてくる。

 

下手な文章術より映画にまなべ。

・「何故ここに一文はいるのか。」、あるいは「何故ここに一文はいらないのか」をしっかりと説明できる自分であらねばならない。

・下手な文章術を学ぶよりも、編集の見事な映画をじっくり観察するほうがよほど文章のトレーニングになる。

 

「もったいない」のサンクコスト

・「推敲」とはなにかときかれたら、「過去の自分との対話」と答える

・遂行するにあたって最大の禁句になるのが「もったいない」である

・読者は、あなたの「がんばり」や「悩んだ量」を評価するのではない。

あくまでも、文章の面白さ、読みやすさ、そして書かれた内容について評価をくだすのである。

・推敲とはある意味サンクコストとの闘いだ。

 

何故文章を切り刻むのか。

・読み返す中で、少しでも長い文章を見つけたら、さっさとハサミを入れて短い文章に切り分けた方がいい

1.冗長さを避けてリズムをよくする

2.意味を通りやすくする

3.読者の不安を和らげる

・”が”は多様しない

・日本語で長文を書いてしまうと「いま、なんの話をしているのか」

「結論はなんなのか」が不明瞭で読者は集中して読むのが難しいのだ。

 

図に描き起こすことができるか?映像は思い浮かぶか?

・「自分の文章を図にすることはできるか」

・駄目な文章を読んでいて、もっとも辛いのは「文字だけを追わされること」である

・面倒な細部を描写することでようやく映像がうかんでくるのだ。

そして映像さえうかべば、もう「気持ちよかった」なんて月並みな感想を書く必要はなくなる。

 

行き詰ったらフォントを変えてみる

・行き詰ったらいったん書くのをやめて、文章を最初から読み返す。

1.文章を別のソフトにコピペする

2.文章のフォントを変更する

3.縦書き・横書きを変更する

 

1回ではダメ。2回は読み返す

・近くに家族や友人など気のおけない”読者”がいるのなら、一度、読んでもらい、率直な感想を聞かせてもらうといい

・言葉で反論しなければいけないのは、それだけ言葉が足りてないのだ。

・書く自分、読み返す自分、もう一度読み返す自分、と3人の自分によって文章をチェックしていくのだ。

 

いい文章とはなにか

・いい文章を書くのに、文才など全く必要ない

・いい文章とは読者の心を動かし。その行動までも動かすような文章のこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-書籍

Copyright© Tsuchi Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.